ビオチン以外のビタミン

ビオチン以外のビタミンの効果はどうなのでしょう。

ビタミンの中でもビタミンB群の効果について考えてみましょう。

有名なビタミンとしてビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12などがあります。

ビタミンB1は、炭水化物を分解してエネルギーに変える働きがあります。

またアルツハイマー病の予防にも役立ちます。

ビタミンB2は、脂質の分解を助ける働きがあり、口内炎にも効果的です。

ナイアシンは二日用酔いを予防し、アルコールの分解を助ける事が出来ます。

また有名な葉酸は、赤ちゃんの先天性異常を防ぐ働きがあります。

ビタミンB6は女性ホルモンの分泌を調整したり、肌の再生を促す働きがあります。
ビタミンB12と共に、貧血の予防になります。


ビタミンB12は集中力を高めたり、精神を安定させたりします。

この様にビタミンには様々な効能がありますので、効果的に摂取出来る様に心がけましょう。

ビタミンは私達にとって欠かす事の出来ない成分と言えるでしょう。

ビタミンは気づかないところで役にたっていますので、不足すると困ります。

また水溶性ビタミンなので摂取する際に気をつけなくてはいけません。

熱に弱く水に溶けやすいので、ゆで汁ごと摂取するか生のまま摂取して下さい。

意識して摂らないと体内に摂り入れにくいので、効果的に摂取するにはやはりサプリがオススメかもしれません。

ビタミン不足にならない様に気をつけましょう。